SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

封印とは

封印は、アルミ製のキャップのようなもので、表面には富山なら「富」、東京なら「東」というように取付けを行った運輸支局等を表示する漢字一文字が刻印されています。封印をする位置は、車両後部ナンバープレートの左側と法律で定められています。そして、公道を走行するには封印の取付けが必須です。

引っ越し等で住所を変更した場合や中古車を購入し管轄の運輸支局が変わった場合には、ナンバープレートを取り替え新たに封印をする必要があります。

封印が破損した場合や紛失した場合には、運輸支局または自動車検査登録事務所で再封印の手続きを行う必要があります。

盗難によりナンバープレートを紛失した場合には、警察署への届出も必要となります。

 

封印の意味

封印は、自動車が運輸支局で登録され検査を受けナンバープレートを取得したことを公証するとともに、ナンバープレートの取り外し防止・盗難・偽造等の犯罪を防止することを役割として担っています。

なお、軽自動車のナンバープレートは運輸支局で登録を行う必要がないため、封印がありません。普通車と軽自動車のナンバープレートを変更する場合の手続きは異なっており、軽自動車はナンバープレートを外し軽自動車検査協会に持参することが可能なため、より簡易な手続きとなっています。

 

メリット

自動車のナンバープレートを新規登録、変更、交換する場合には、管轄の運輸支局等が営業している平日に手続きを行う必要があります。しかし、出張封印を利用すれば運輸支局等に持ち込む必要がないので、平日お仕事で忙しい方が仕事を休んで手続きを行う必要がありません。

 

出張封印のメリット

  • 土日などご希望の日時に封印ができる
  • 自動車を運輸支局等に持ち込む必要がないため、手間がかからない
  • 運輸支局等までのコストや交通事故等のリスクが減り、ガソリン代も不要
  • 社用車など一度に複数台の封印を行うことも可能